二郎系ラーメンを食べる前に暗黙のルールとNG行動を知っておく!初心者必見です!

関西二郎系ラーメンの暗黙のルールとNG行動!

二郎系ラーメンの暗黙のルールとNG行動を知っておく

二郎系ラーメンには、通常のラーメン屋とは違う暗黙のルールとNG行動があります。

知らない内にお店のスタッフさんや周りのお客さんの反感を買わないように、事前に最低限のルールとNG行動は確認しておきましょう。

※あくまで、私が感じる暗黙のルールやNG行動です。

これで怒られない?二郎系ラーメンの暗黙のルールは?

二郎系ラーメンの暗黙のルールですが、

  1. 券売機で時間を掛けない
  2. 水や箸はセルフサービス
  3. 席に着いたら、ラーメン券をカウンターに置く(重ねずに)
  4. トッピングは簡潔に大きな声で伝える
  5. ラーメンが出てきたら有無も言わさず食べる
  6. 食べ終わった後は雑談せずに店を出る
  7. ラーメンのどんぶりや箸、コップはカウンターに上げ、おしぼりで机を拭く
  8. 食べ終わったら、ご馳走さまでしたと伝える

となっています。

【ルール.1】券売機で時間を掛けない

二郎系は、券売機でラーメン券を購入するシステムが導入されているお店がほとんどです。

状況により、券売機にも列ができることがあるので、購入に時間を掛けないようにしてください。いつまで経っても購入しない人が前にいると、かなりイラつきます。

列に並んでいる間に購入するラーメンを決めておけば良いだけですし、公式サイトや食べログなどで、事前にチェックもできるはずです。券売機の前で考え込む人の心理が理解できません。

【ルール.2】水や箸はセルフサービス

席に着いたら、お水を出してくれる店もありますが、ほとんどがセルフサービスになっています。お店の回転を上げるためなので協力するようにしましょう。

お店によっては、持ち込み自由で、黒烏龍茶を持参する人もいます。持ち込み不可のお店もあるので、事前に確認するようにしてください。

二郎通の人はラーメンとセットで黒烏龍茶を飲みます。黒烏龍茶はお腹の負担を減らす効果があるようです。

【ルール.3】席に着いたら、ラーメン券をカウンターに置く(重ねずに)

席に着いたら、カウンターにラーメン券を置いてください。重ねずに全ての券が見えるように置くのが玄人です。

券を重ねておくと、何を注文したのかが一目で分かりません。ラーメン作りやお客さんへの対応で忙しい時に、わざわざ券の確認が必要になります。

スタッフさんが少しでも早くラーメンを出せるように、券は重ねずに置くようにしましょう。

【ルール.4】トッピングは簡潔に大きな声で伝える

ほとんどの二郎系のお店で「ニンニク」「ヤサイ」「アブラ」「カラメ」の無料トッピングが可能です。ラーメンを作る前に確認するお店もあれば、麺が茹で上がってから確認するお店もあります。

それぞれ「普通」「ちょいマシ」「マシ」「マシマシ」といったコールで量を伝えますが、簡潔に大きな声で伝えるようにしてください。

例えば、全てトッピングを「マシ」にする場合、「全マシ」の一言で済みます。各トッピングごとに「マシ」と伝える必要はありません。

「普通」で良ければ、全て「普通」の一言で済みます。わざわざ、ややこしい伝え方をする必要はありません。

人気店ほど、休む暇もなくラーメンを作っている状態です。お店の人の状態を考えれば、集中力を欠くような伝え方はNGであることは分かるはずです。

【ルール.5】ラーメンが出てきたら有無も言わさず食べる

ラーメンが出てきたら、余計なお喋りはせずに一気に食べてしまいましょう。食べるよりも喰らうをイメージしてください。そちらの方が、お店の人も喜びます。

普通のラーメン屋なら、じっくりと味わっても良いですが、二郎系の場合は、一気に喰らうのが流儀です。周りからも只者ではないと一目置かれるはずです。

【ルール.6】食べ終わった後は雑談せずに店を出る

食べ終わったら、即お店から出るようにしましょう。まれにですが、食べ終わったのに雑談に夢中でお店から出ない人がいます。外で待っている行列が目に入っていないのでしょうか。

一度に作れるラーメンの数は決まっていますので、いつまでも居座るとお店の回転が悪くなります。待っている人達の待ち時間がさらに長くなることを理解してください。

これは私の持論ですが、こういった人達は、周りへの気遣いができないため、KY(空気が読めない)で仕事ができません。お喋りしたいなら外に出て喋ってください。

【ルール.7】ラーメンのどんぶりや箸、コップはカウンターに上げ、おしぼりで机を拭く

食べ終わったら、ラーメンのどんぶりや箸、コップはカウンターに上げて、おしぼりで汚れた机を拭くようにしてください。

お客さんが片付けを協力することで、お店の回転が上がり、早くラーメンが食べれるようになります。

カウンターにどんぶりを上げる時にひっくり返さないように、ご注意ください。ひっくり返したら、大変なことになります。

【ルール.8】食べ終わったら、ご馳走さまでしたと伝える

食べる時は「頂きます」、食べ終わったら「ご馳走さまでした」は、食事をする上での最低限のマナーです。必ず、ラーメンを作ってくれたスタッフさんにお礼を伝えるようにしてください。

幸い二郎系のラーメン好きの人は、しっかりとお礼を伝える人が多いです。

これがお店と常連の反感を買う行為!二郎系ラーメンのNG行動は?

二郎系ラーメンのNG行動ですが、

  1. 全員が揃っていない状態で並ぶ
  2. 左手でレンゲを持ちながら食べる
  3. 食べれない量を注文する

となっています。

間違いなく、お店と常連の反感を買う行為です。私がNGと感じる行動も含まれています。

【NG行動.1】全員が揃っていない状態で並ぶ

前に並んでいた人の人数が急に増えることがあります。これは全員が揃っていない状態で先に並んでいるグループがいるからです。はっきり言って完全にマナー違反です。

並ぶなら全員が揃ってから並ぶようにしてください。お店によっては、急に人が増えた場合、後ろに並び直すように言われるところもあります(当たり前ですね)。

正直、こういったマナー違反をする人達には二度とお店に来て欲しくありません。常識を知らない未開人はドングリでも食べておいてください。どうせ味なんて分からないでしょうから、ドングリがお似合いです。

【NG行動.2】左手でレンゲを持ちながら食べる

右手で箸を持ち、左手でレンゲを持って、ラーメンを食べる人をよく見掛けますが、左手にはかなり気を使ってもらいたいです。

なぜかというと、二郎系のお店は狭いところが多く、カウンターをかなり詰めて座っています。左手にレンゲを持って食べる人が隣にいると、自分の箸を持っている右手が窮屈になり食べにくいです。

最悪、レンゲを持って食べてもいいですが左手は畳んで食べてください。左利きの人が隣にいた場合は、仕方ないと割り切れますが、レンゲを持って食べる人が隣にいた場合は、単純にイラつきます(レンゲで麺を添える行為が特に勘に触ります)。

【NG行動.3】食べれない量を注文する

二郎系は、普通のラーメンでも、通常のラーメンの1.5倍の量があります。そこに無料トッピングで野菜の量を増やすと、ちょっとしたお化けラーメンになります。

たまに見かけるのですが、友達同士で来店し、調子に乗って鬼のような量を注文した結果、食べれずに残して帰る人がいます。

食べ残しを禁止しているお店もあるので、自分が食べれる量を注文するようにしてください。基本的に、二郎系のお店でラーメンを残すのは厳禁です。

食べるのに自信がある人が多く来店しているので、残したら、けっこうカッコ悪いです。場合によってはお店の人に怒られます(実際に怒られている人を見ました)。

以上です。

暗黙のルールとNG行動は、お店によって若干違いはあります。ただ、上記を気を付ける点では全店共通です。

初めての来店で、ルールが分からないのは仕方ないですが、NG行動に関してはマナーの問題です。学生なら将来性ゼロですし、人の親なら親失格、社会人なら窓際社員レベルです。

心当たりがある人は次回から気を付けてください(可能であれば店に来ないでください)。

関西二郎系ラーメンランキングトップ10